メタボリックシンドロームが気になり始めた40手前のオヤジがついに決断!
いかにして短期間でのダイエットに成功したのか、
また、気になるダイエット関連のグッズ等を紹介するページです。

高校野球、阪神タイガース、ゴルフ、競馬好きのおやじです。よろしく!

2007年05月26日

明日はいよいよ日本ダービーです。今度こそ! そして頑張れ武豊!

先週は見事に外れちゃいました!ざんねーん
しかし、一押しではなかったけど、
ねらい目として推奨したローブデコルテが見事優勝!
11.7倍つきましたから単勝馬券で勝負した人は
おいしかったんじゃないでしょうか。


今週はきっちり獲らして頂きますよ!
今回は私のねらい目をいきなり披露しちゃいます。
ずばり、タニノギムレット・ジャングルポケット産駒を狙います。
なーんだ堅めじゃんか!とつぶやいたそこのあなた!
はい、堅めです。

タニノ→ウォッカ

ジャンポケ→フサイチホウオウ

この2頭は、完全に東京コース向きです。

◎はウォッカ。はっきりいってタニノギムレットによく似た馬ですね。
桜花賞の敗因はずばり、彼女はマイラーじゃなっかたということです。
父の切れ味・スタミナ・パワーをそのまま受け継いだかのような、あの馬体!
そして如何にも中距離向きの彼女は東京2400mがピッタリ!
オークスに出走してれば断然だったと思うのですが、なぜダービーか?
それは今年の牡馬はレベルがそんなに高くないからだと思いますよ。
今年は牝馬のレベルのほうが高いです。
そうでなければわざわざ牝馬をダービーに出走させないでしょ。
陣営も相当自信があるのだと思います。牝馬だけど一押しです。

そして○にフサイチ。前走の敗因は展開が向かなかったことと、
直線の短い中山コースだったことでしょうね。
現実に最後はすごい足で差してきて、ゴールがあと10m前だったら逆転してましたね。
今回は東京の長い直線が味方するとは思いますが、
2400mの距離がどうかな?という気がしてます。距離が持たない訳じゃなし
屋根はアンカツだから大丈夫でしょうけど、2400mがベストの馬に完璧に走られたら、
またまた2着、3着ってパターンかも・・・
こちらは、ウォッカと違って父(ジャンポケ)ほどの東京スペシャリストでもないような気がします。
でも間違いなく馬券対象にはなるので外せない一頭です。

そして新聞で言うところの▲には、ブライアンズ産駒のヴィクトリーです。
同じブライアンズ産駒で思い出すのが10年前のサニーブライアンですね。
鮮やかな逃げ切り勝ちでした。直線でシルクジャスティスが差してこなければ、
馬券もとれてたのに・・・まあ、それはどうでもいいんですが(汗)

今回のヴィクトリーにもあの再現が不可能な訳じゃないと思うのですが・・・
もともとブライアンズタイム産駒は東京よりは中山向ですね。
しかし、タニノギムレットやサニーブライアンは重心の低い柔らかいフォームでそこをカバーした。
対してヴィクトリーの走りは重心が高く、長い直線があまりプラスではないと見ています。それに
サニーブライアンの場合は皐月賞勝ちが完全にフロック視されて6番人気くらいだったと思います。

つまり、確たる逃げ馬もいない上に人気も低く、マークが緩かったことが
気楽なマイペースの逃げにつながったと思います。
現時点でヴィクトリーは2番人気、対抗視されています。
そして同じ逃げ馬サンツェッペリンとの兼ね合いもありますし、
今回は人気どころの差し馬も早めに仕掛けてくるでしょうから、
なかなか楽な逃げにはならないと思いますよ。
勝ちきるまでには至らないにしても、2着、3着は十分ありえますので▲。

残りの三頭は
タスカータソルテ(ジャンポケ産駒)・ゴールドアグリ(タニノ産駒)
ゴールデンダリア(フジキセキ産駒)で勝負します。

特にタスカータには頑張ってもらいたいですね。
なんたってユタカが跨るんですから。
しかも、アドマイヤオーラから屈辱の乗り変わり!
ユタカには珍しいことですよね。
密かに燃えてるんじゃないかな。人気も低そうだし・・・
人気落ちの武豊は恐いぞー

ところで、タニノ産駒のヒラボクロイヤルは?
いい質問ですね。
はっきりいいます。青葉賞の勝ち馬はいらないと思っています。

オークスもそうですが、トライアルを使わないと出走権がとれないようでは勝負にならないでしょ。
もちろんデビューが遅かったりした場合は仕方ないですけどね。
(最近ではカワカミプリンセスがこれに当てはまりますけど)

現にオークスもダービーもトライアルを使った馬はかなりの高確率で凡走してることは
データ的にも明らかです。過去10年で青葉賞1着の馬が連に絡んだのは、
あのシンボリクリスエスと去年のアドマイヤメインだけです。
アドマイヤはおいといて、シンボリはいまさら語る必要もないでしょ。
シンボリの場合、マル外だから使わざるを得なかったという事情もありましたしね。
ヒラボクにシンボリのような力があるとは到底思えません。(笑)

結論

馬連 15点
1−2−3−4−15−17 のBOX


3連単 80点

1着
1−3−4−15
2着
1−2−3−4−15−17
3着
1−2−3−4−15−17

のフォーメーションで攻めます。

では、明日の発走を楽しみに待ちましょう!


本日の体重は67sでした。こちらは好調キープです。








posted by ともぞー at 06:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 G1レース 武豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-04 01:44
Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。